虚無縹渺について

虚無縹渺
きょむ-ひょうびょう
読み方きょむひょうびょう
意味何もなく、どこまでも広がっている風景を言い表す言葉。
「虚無」は何もないこと。
「縹渺」は遠くはっきりと見えないこと。
「虚無縹緲」とも、「虚無縹眇」とも書く。
出典白居易「長恨歌」
類義語 神韻縹渺(しんいんひょうびょう)

縹を含む四字熟語

「縹」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る