晏子之御について

晏子之御
あんしの-ぎょ
読み方あんしのぎょ
意味他人の権威を笠にきておごり、自らの低い地位に満足している愚か者のたとえ。
「晏子」は斉の宰相、晏嬰のこと。
「御」は御者のこと。
晏嬰の御者は、晏嬰を乗せたことで得意気になっていたが、その姿を見た御者の妻は離縁を迫ると、御者は改心したという故事から。
出典『史記』「晏嬰伝」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る