幸災楽禍について

幸災楽禍
こうさい-らくか
読み方こうさいらくか
意味他人の不幸を見て楽しみ喜ぶこと。
「幸災」は自分以外の人が不幸になることを喜ぶこと。
「楽禍」は自分以外の人に災いが訪れることを見て楽しむこと。
「災いを幸いとし禍いを楽しむ」とも読む。
出典『春秋左氏伝』「僖公一四年」,『春秋左氏伝』「荘公二十年」
類義語 楽禍幸災(らくかこうさい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る