大山鳴動について

大山鳴動
たいざん-めいどう
読み方たいざんめいどう
意味騒ぎばかりが大きくて、結果は非常に小さいことのたとえ。
「鳴動」は音を立てて揺れること。
「大山鳴動して鼠(ねずみ)一匹」という言葉の略。
「大きな山が産気づき激しい音を立て揺れ動いた結果、鼠が一匹生まれた」という古代ローマのことわざからきた言葉。
「泰山鳴動」とも、「太山鳴動」とも書く。
出典

動を含む四字熟語

「動」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る