釈根灌枝について

釈根灌枝
しゃくこん-かんし
読み方しゃくこんかんし
意味「釈根」は根を捨てる、「灌枝」は枝に水を注ぎかけるという意味から、他の事に気をとられて物事の本質を忘れること。
または、問題の本質を調べることをせずに結果だけを問題にすること。
出典『淮南子』「泰族訓」
類義語 捨根灌枝(しゃこんかんし)
捨根注枝(しゃこんちゅうし)
舎本逐末(しゃほんちくまつ)
主客転倒(しゅかくてんとう)
本末転倒(ほんまつてんとう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る