四面楚歌について

四字熟語四面楚歌
読み方しめんそか
意味周りを敵や反対者に囲まれており、味方がいなくて孤立している状態のこと。
楚の項羽は漢の劉邦に追い詰められたときに、夜になって漢の軍の中から聞こえてきた楚の国の歌をきいて、漢に降った楚の人が多いことを嘆き、敗北を悟った故事から。
出典『史記』「項羽紀」
類義語 僑軍孤進(きょうぐんこしん)
孤軍奮闘(こぐんふんとう)
孤立無援(こりつむえん)
孤立無親(こりつむしん)
無援孤立(むえんこりつ)

使用されている漢字

「四」を含む四字熟語

「面」を含む四字熟語

「楚」を含む四字熟語

「楚」を含む四字熟語を全て見る

「歌」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る