徙木之信について

徙木之信
しぼくの-しん
読み方しぼくのしん
意味約束を必ず実行することのたとえ。
為政者は人民に法の権威や信用を示すべきという戒めのこと。
戦国時代、秦の商鞅が国民からの信用を得るために、南門の大木を北門に移した者に十金を与えると布告したが、皆疑い誰も移さなかった。
五十金に増額すると移す者が現れたので、五十金を渡して約束を本当に守ると示した故事から。
出典『史記』「商君伝」
類義語 移木之信(いぼくのしん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る