苦肉之策について

四字熟語苦肉之策
読み方くにくのさく
意味苦し紛れの策略のこと。
または、自らの体を苦しめることまでして、敵を欺く策略のこと。
三国時代、赤壁の戦いで呉の黄蓋が魏のスパイの前で、自らの意思で刑を受け、見限っての投降と思わせて、敵の陣営の船団に火を放ち形勢逆転した故事から。
出典『三国志演義』「四六」
類義語 窮余一策(きゅうよのいっさく)
苦肉之計(くにくのはかりごと)

使用されている漢字

「苦」を含む四字熟語

「苦」を含む四字熟語を全て見る

「肉」を含む四字熟語

「肉」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「策」を含む四字熟語

「策」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る