詠雪之才について

四字熟語詠雪之才
読み方えいせつのさい
意味文才がある女性のこと。
晋の王凝之の妻の謝道蘊が、降る雪を白い綿毛がある種子の柳絮にたとえた詩を詠み、文才をたたえられた故事から。
出典『晋書』「王凝之妻謝氏伝」
類義語 詠絮之才(えいじょのさい)
柳絮才高(りゅうじょさいこう)
柳絮之才(りゅうじょのさい)

使用されている漢字

「詠」を含む四字熟語

「雪」を含む四字熟語

「雪」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「才」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る