「破鏡之嘆」について

スポンサーリンク

四字熟語 破鏡之嘆
読み方 はきょうのなげき
意味 夫婦が離婚する時の悲しみ。
「破鏡」は鏡を半分に割ること。
結婚する時に鏡を半分に割り、それぞれを妻と夫それぞれ片方ずつもち、妻が浮気をすると、妻の持っている鏡がカササギになって夫のところへ飛んで行き、浮気が発覚して離婚したという故事から。
「破鏡之歎」とも書く。
出典 『太平御覧』七一七引「神異経」
漢字詳細 四字熟語「破」 / 漢字「破」
四字熟語「鏡」 / 漢字「鏡」
四字熟語「之」 / 漢字「之」
四字熟語「嘆」 / 漢字「嘆」
四字熟語「歎」 / 漢字「歎」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る