「顔常山舌」について

スポンサーリンク

人気の四字熟語ランキング

四字熟語 顔常山舌
読み方 がんじょうざんのした
意味 辛い処罰を受けても、君主や国への忠義を貫き通すこと。
「顔常山」は顔杲卿という人の名前。
中国の唐の顔杲卿は、反乱を起こした安禄山に捕らえても、唐への忠義を曲げずに、安禄山を罵倒して舌を切られるという処罰を受けたが、それでも罵倒をやめなかったという故事から。
出典 文天祥「正気歌」
漢字検定 5級
分類 国のために尽くす
忠義を尽くす
漢字詳細 四字熟語「顔」 / 漢字「顔」
四字熟語「常」 / 漢字「常」
四字熟語「山」 / 漢字「山」
四字熟語「舌」 / 漢字「舌」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る