以人為鑑について

四字熟語以人為鑑
読み方いじんいかん
意味他の人の態度や言動をみて、自分の戒めにすること。
他人を鏡にするという意味から。
中国の唐の時代、地位など気にせずに相手をしっかりと諫める魏徴の死を悼んだ太宗皇帝は、為政者が手本とすべき三鑑の内の一つを失ったと嘆いたという故事から。
「人を以て鑑と為す」とも読む。
出典『新唐書』「魏徴」

使用されている漢字

「以」を含む四字熟語

「以」を含む四字熟語を全て見る

「人」を含む四字熟語

「人」を含む四字熟語を全て見る

「為」を含む四字熟語

「為」を含む四字熟語を全て見る

「鑑」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る