懐宝迷邦とは

四字熟語懐宝迷邦
読み方かいほうめいほう
意味才能がありながら、生かさずに世間のためになることをしないことのたとえ。
「懐宝」は宝物を懐にしまったままにしておくこと。
「迷邦」は国が乱れたものを乱れたままにしていること。
「宝を懐いて邦を迷わす」とも読む。
出典『論語』「陽貨」
場面用途 才能を隠す

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「懐」を含む四字熟語

「懐」を含む四字熟語を全て見る

「宝」を含む四字熟語

「宝」を含む四字熟語を全て見る

「迷」を含む四字熟語

「迷」を含む四字熟語を全て見る

「邦」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る