涸轍鮒魚とは

四字熟語涸轍鮒魚
読み方こてつのふぎょ
意味危険や困難が迫っていることのたとえ。
また、切迫した状況にある人のたとえ。
「涸」は水が枯れること。
「轍」は車輪の跡、わだちのこと。
「鮒魚」は魚の鮒(ふな)のこと。
水がなくなった車輪の跡にいる鮒という意味から。
荘子が監河侯に米を借りに行ったが、監河侯から「近々年貢が入るのでその後に貸しましょう」と言われた。
それを聞いた荘子は、「ここに来る途中で水が枯れた車輪の跡にいる鮒に水をくださいと助けを求められました。そこで私は、後で川の水を持ってきてあげようと答えました。しかし鮒は、水が欲しいのは今だと言って怒ってしまいました」というたとえ話をして窮状を訴えたという故事から。
出典『荘子』「外物」
漢検級 1級
場面用途 緊迫
類義語 轍鮒之急(てっぷのきゅう)
小水之魚(しょうすいのうお)
焦眉之急(しょうびのきゅう)
風前之灯(ふうぜんのともしび)
釜底游魚(ふていのゆうぎょ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「涸」を含む四字熟語

「轍」を含む四字熟語

「轍」を含む四字熟語を全て見る

「鮒」を含む四字熟語

「魚」を含む四字熟語

「魚」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る