河図洛書について

河図洛書
かと-らくしょ
読み方かとらくしょ
意味非常に珍しく、価値のある書物のこと。
「河図」は易経の八卦の元になったとされる図で、中国の伏羲の世に、黄河から現われた竜馬の背中の渦巻いた毛を写したとされている。
「洛書」は『書経』「洪範伝」の元になったとされる文で、夏の禹王の時代に、洛水という川の洪水治めた後に現われたとされる、神亀の背中に書かれていた文字を書き写したとされている。
出典『易経』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る