家書万金とは

四字熟語家書万金
読み方かしょばんきん
意味一人で寂しいときに、家族から届く手紙は何よりも嬉しいということ。
「家書」は実家からの手紙。
「万金」は大金という意味から、極めて価値があることのたとえ。
旅先などで一人きりで寂しいときに家族から届く手紙は、大金のような価値があるということから。
出典杜甫「春望」

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「家」を含む四字熟語

「書」を含む四字熟語

「書」を含む四字熟語を全て見る

「万」を含む四字熟語

「万」を含む四字熟語を全て見る

「金」を含む四字熟語

「金」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る