異類中行とは

四字熟語異類中行
読み方いるいちゅうぎょう
意味多く人々を救済するために、仏や菩薩がこの世に身を置くこと。
または、禅宗では指導者が修行者を導くために、様々な方法を取ること。
「異類」は違う種類という意味。
仏が異類の中を行くという意味から。
出典『景徳伝灯録』「八」

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「異」を含む四字熟語

「類」を含む四字熟語

「類」を含む四字熟語を全て見る

「中」を含む四字熟語

「中」を含む四字熟語を全て見る

「行」を含む四字熟語

「行」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る