酒入舌出について

酒入舌出
しゅにゅう-ぜっしゅつ
読み方しゅにゅうぜっしゅつ
意味酒に酔いすぎると口数が多くなって、失言する恐れがあるということを戒めた言葉。
中国の春秋時代の斉の桓公は、大臣たちに酒を振る舞った時に、宰相の管仲は半分ほど飲んで捨てたのを見て、それを咎めると、「酒に深く酔うと失言する恐れがあり、失言して身を捨てるよりは酒を捨てるほうがよい」と答えたという故事から。
「酒入れば下出ず」とも読む。
出典『説苑』「敬慎」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る