三軍暴骨について

三軍暴骨
さんぐん-ばくこつ
読み方さんぐんばくこつ
意味大差で戦いに負けること。
「三軍」は三万七千五百人の軍隊ということから、大軍のたとえ。
「暴骨」は兵士が死んで、野で骨になるという意味。
中国の周の時代は、一万二千五百人の軍隊を一軍として、大国ではその三倍の三軍を保有するとされていた。
「三軍骨を暴す」とも読む。
出典『春秋左氏伝』「襄公二六年」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る