伯牙絶弦について

四字熟語伯牙絶弦
読み方はくがぜつげん
意味非常に深い関係の親友を失った悲しみ。
「伯牙」は中国の春秋時代の人の名前。
琴の名手である伯牙は、自分の一番の理解者であり、親友だった鐘子期が亡くなり、自分の琴を理解してくれる人はもういないといい、琴の弦を切って、二度と弾くことはなかったという故事から。
「伯牙絶絃」とも書く。
出典『列子』「湯問」
別表記 伯牙絶絃(はくがぜつげん)

使用されている漢字

「伯」を含む四字熟語

「伯」を含む四字熟語を全て見る

「牙」を含む四字熟語

「絶」を含む四字熟語

「絶」を含む四字熟語を全て見る

「弦」を含む四字熟語

「弦」を含む四字熟語を全て見る

「絃」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る