誅心之法について

誅心之法
ちゅうしんの-ほう
読み方ちゅうしんのほう
意味実際に行動を起こしていなくても、心の中に悪意があれば罰を与えること。
中国の春秋時代の法で、「原心定罪」と呼ばれ、動機に応じた罰を与えるということ。
出典『春秋左氏伝』「宣公二年・会箋」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る