象箸玉杯とは

四字熟語象箸玉杯
読み方ぞうちょぎょくはい
意味贅沢な生活を言い表す言葉。
または、贅沢な欲求が生まれ始めること。
象牙の箸と宝石の杯という意味から。
古代中国の殷の名臣の箕子は、主君の紂王が象牙の箸を作ったことを聞き、箸だけでは満足できずに宝石の杯を作り、それに合わせ食事や住居も贅沢になっていき、最後には世界の全てのものを集めても満足しなくなるだろうと恐れたという故事から。
出典『韓非子』「喩老」
漢検級 準1級
場面用途 贅沢な暮らし / 礼儀 / 生活

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「象」を含む四字熟語

「象」を含む四字熟語を全て見る

「箸」を含む四字熟語

「箸」を含む四字熟語を全て見る

「玉」を含む四字熟語

「玉」を含む四字熟語を全て見る

「杯」を含む四字熟語

「杯」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る