一寸光陰について

四字熟語一寸光陰
読み方いっすんのこういん
意味ほんの少しの時間のこと。
少しでも時間を無駄にしてはいけないという戒めの言葉。
「一寸」の「寸」は長さの単位で、とても短いことや、少ないことのたとえ。
「光陰」は日時計の陰のことから、時間や年月のたとえ。
「一寸の光陰軽んずべからず」の形で使うことが多い言葉。
朱熹の「遇成」の詩とされていたが、現在では日本の五山の僧侶が作ったとされる説がある。
出典
類義語 光陰如箭(こういんじょぜん)

使用されている漢字

「一」を含む四字熟語

「一」を含む四字熟語を全て見る

「寸」を含む四字熟語

「寸」を含む四字熟語を全て見る

「光」を含む四字熟語

「光」を含む四字熟語を全て見る

「陰」を含む四字熟語

「陰」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る