管窺蠡測について

四字熟語管窺蠡測
読み方かんきれいそく
意味見識が非常に狭いこと。
または、狭い見識で物事の全体を判断すること。
「管窺」は管を通して空を見ること。
「蠡測」はほら貝の貝殻で海の水の量を量ること。
「管蠡」と略して使うこともある言葉。
「管もて窺い蠡もて測る」とも読む。
出典『文選』東方朔「答客難」
類義語 管窺之見(かんきのけん)
管中窺豹(かんちゅうきひょう)
区聞陬見(くぶんすうけん)
井底之蛙(せいていのあ)
用管窺天(ようかんきてん)

使用されている漢字

「管」を含む四字熟語

「管」を含む四字熟語を全て見る

「窺」を含む四字熟語

「蠡」を含む四字熟語

「測」を含む四字熟語

「測」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る