臥竜鳳雛について

四字熟語臥竜鳳雛
読み方がりょうほうすう(がりゅうほうすう)
意味才能はあっても、機会がないために才能を発揮できない人のこと。
または、才能を発揮する機会がなく、世間に知られていない英雄や賢者のこと。
「臥竜」は寝ている竜。
「鳳雛」は中国の伝説上の鳥、鳳凰の雛。
どちらもまだ知られていない英雄や賢者、または、将来に期待されている若者のたとえとしても使われる。
中国の三国時代、有能な人材を探していた劉備に、司馬徽が諸葛亮を臥竜に、ホウ統を鳳雛にたとえてすすめたという故事から。
出典『三国志』「蜀志・諸葛亮伝」
別表記 臥竜鳳雛(がりゅうほうすう)
類義語 孔明臥竜(こうめいがりょう)
伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)
猛虎伏草(もうこふくそう)

使用されている漢字

「臥」を含む四字熟語

「臥」を含む四字熟語を全て見る

「竜」を含む四字熟語

「竜」を含む四字熟語を全て見る

「鳳」を含む四字熟語

「鳳」を含む四字熟語を全て見る

「雛」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る