狐仮虎威について

狐仮虎威
こか-こい
読み方こかこい
意味他人の力を自分の力のように使って、好き勝手に振る舞うこと。
虎に捕まって食べられそうになった狐は、天帝から百獣の王になるように命じられた、後ろをついてくればわかるといい、周りの獣は狐の後ろにいる虎に恐れて逃げ出した。
虎は狐に恐れたと思い、狐の言うことを信じたという説話から。
「狐、虎の威を仮る」とも読み、「虎の威を借る狐」という形で使うことが多い言葉。
出典『戦国策』「楚策」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る