一労永逸について

四字熟語一労永逸
読み方いちろうえいいつ
意味一度苦労すれば、その後は長く利益が得られ、安定した暮らしが送れること。
「一労」は一度の苦労。または、少しの苦労。
「永」は長くの意味。
「逸」は安楽、利益のこと。
「一たび労して永く逸んず」とも読む。
出典『文選』班固「封燕然山銘」
類義語 一労久逸(いちろうきゅういつ)
暫労永逸(ざんろうえいいつ)
先難後獲(せんなんこうかく)

使用されている漢字

「一」を含む四字熟語

「一」を含む四字熟語を全て見る

「労」を含む四字熟語

「労」を含む四字熟語を全て見る

「永」を含む四字熟語

「永」を含む四字熟語を全て見る

「逸」を含む四字熟語

「逸」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る