垂名竹帛について

垂名竹帛
すいめい-ちくはく
読み方すいめいちくはく
意味歴史に名前が残るような功績や手柄のこと。
「竹帛」は竹の札と綿布のことで、紙のない時代には竹帛に文字を書いていたことから、歴史書や書物のこと。
「名を竹帛に垂る」とも読む。
出典『後漢書』
類義語 竹帛之功(ちくはくのこう)
豹死留皮(ひょうしりゅうひ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る