後悔噬臍について

後悔噬臍
こうかい-ぜいせい
読み方こうかいぜいせい
意味後悔したとしてもどうにもならないこと。
「噬臍」はへそを噛むという意味で、どうやっても自分の口は、自分のへそには届かないということから、不可能という意味。
出典『春秋左士伝』「荘公6年」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る