君辱臣死について

四字熟語君辱臣死
読み方くんじょくしんし
意味臣下は君主と楽しいときも苦しいときも共に生き、生死を共にしなければいけないということ。または、君主が辱めを受ければ、臣下は恨みを晴らすために命を懸けるということ。
「君辱」は君主が侮辱されること。
「臣死」は臣下が死を覚悟して事にあたること。
古代中国の春秋時代、越の政治家の范蠡が「君に憂いあれば臣労し、君辱めらるれば臣死す」といった故事から。
「君辱めらるれば臣死す」とも訓読する。
出典『国語』「越語・下」

使用されている漢字

「君」を含む四字熟語

「君」を含む四字熟語を全て見る

「辱」を含む四字熟語

「臣」を含む四字熟語

「臣」を含む四字熟語を全て見る

「死」を含む四字熟語

「死」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る