キーワードから検索
Keyword Search

  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「朝三暮四」

「朝三暮四」について

「朝三暮四」の読み方

スポンサーリンク

読み方 ちょうさんぼし
意味 目先のわずかな違いや損益にこだわりすぎて、結局は同じ結果になることが理解できないこと。
または、巧みな言葉や話し方で人を丸め込むこと。
変化しやすく安定しないことや何とか生きていけるだけの生計のことをいう場合もある。
春秋時代、たくさんの猿を飼っていた宋の狙公は生活が急に苦しくなり、自身が食べる分もぎりぎりの状態で仕方なく猿の餌を減らすことにしたが、嫌われるのが嫌だったためにごまかすことにした。
狙公が「どんぐりを朝に三つ、暮に四つにする」と言ったところ猿たちが怒ったため、「それでは朝は四つに増やし、暮は三つにする」と言うと猿たちは朝の数が増えて喜んで納得したという故事から。
出典 『荘子』「斉物論」
『列子』「黄帝」
類義語 狙公配事(そこうはいじ)
朝四暮三(ちょうしぼさん)
漢字検定 4級
分類 本質を見失う
漢字詳細 「朝」を含む四字熟語 / 「朝」という漢字の詳細
「三」を含む四字熟語 / 「三」という漢字の詳細
「暮」を含む四字熟語 / 「暮」という漢字の詳細
「四」を含む四字熟語 / 「四」という漢字の詳細

「ち」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

キーワードから検索Keyword Search

スポンサーリンク

五十音検索

   
       

漢字検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検級検索

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級    

その他

検索ランキング

1位 酒池肉林
2位 五穀豊穣
3位 無病息災
4位 百折不撓
5位 鬼面仏心

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

ページ先頭に戻る