面壁九年について

面壁九年
めんぺき-くねん
読み方めんぺきくねん
意味長い期間一つのことに専念してやり遂げること。
または、長い期間努力し続けること。
達磨大師が嵩山の少林寺に籠り、九年間壁に向かって座禅を組んで悟りを開いたという故事から。
出典『景徳伝灯録』「三」
類義語 九年面壁(くねんめんぺき)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る