空即是色について

空即是色
くう-そくぜ-しき
読み方くうそくぜしき
意味「空」であることによって、はじめてこの世の全ての事象や物体が成り立つということ。
「空」とは、存在しているが実体性を欠いていることで、 この世の全ての事象や物体などのすべてを否定しているのではない。「空」が事象や物体などの真の姿でもあるという意味。
「色」とは、この世に存在する全ての物質的な物や、人が認識できる全ての事象のこと。
出典『般若心経』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る