四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「百家争鳴」

「百家争鳴」について

「百家争鳴」の読み方

スポンサーリンク

読み方 ひゃっかそうめい
意味 様々な立場の学者や専門家が自由に盛んな勢いで論争すること。
「百家」は数多くの学者や専門家のこと。
「争鳴」は自由で活発な議論をすること。
1956年に中国共産党の主席である毛沢東が「百家斉放」と共に掲げた標語の一つで、翌年には撤回された。
春秋戦国時代の学者や学派は諸子百家と呼ばれ、孔子や老子、孫子などの様々な学派の思想家が論争したという故事から。
類義語 侃侃諤諤(かんかんがくがく)
議論百出(ぎろんひゃくしゅつ)
談論風発(だんろんふうはつ)
漢字検定 5級
分類 論争
議論
漢字詳細 「百」を含む四字熟語 / 「百」という漢字の詳細
「家」を含む四字熟語 / 「家」という漢字の詳細
「争」を含む四字熟語 / 「争」という漢字の詳細
「鳴」を含む四字熟語 / 「鳴」という漢字の詳細

「ひ」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検級から検索

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級    

その他

検索ランキング
(12/13更新)

1位 治外法権
2位 以徳報怨
3位 吐気揚眉
4位 延頸鶴望
5位 一治一乱

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る