沐猴而冠とは

四字熟語沐猴而冠
読み方もくこうじかん
意味見た目は立派だが中身は愚かで卑しいことのたとえ。または、度量が狭く、愚かな人物が相応しくない地位についていることのたとえ。
「沐猴」は猿、「而冠」は冠を身に付けることから、猿が冠を被ること。
ある者が楚の項羽のことを「楚の国の人は猿が冠を被った猿だという噂を聞いたがその通りだ」と蔭口(かげぐち)を言ったという故事から。
出典『史記』「項羽本紀」

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「沐」を含む四字熟語

「沐」を含む四字熟語を全て見る

「猴」を含む四字熟語

「而」を含む四字熟語

「而」を含む四字熟語を全て見る

「冠」を含む四字熟語

「冠」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る