鑿壁読書について

鑿壁読書
さくへき-どくしょ
読み方さくへきどくしょ
意味貧しい生活をしながらも勉学に励むこと、苦学のたとえ。
「鑿壁」は壁に穴を空けること。
匡衡は家が貧しく、灯火を買うことができなかったので、壁に穴を開けて隣の家の明かりで読書をしていたという故事から。
出典
類義語 匡衡鑿壁(きょうこうさくへき)
蛍雪之功(けいせつのこう)
鑿壁偸光(さくへきとうこう)
穿壁引光(せんぺきいんこう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る