塊然独処について

四字熟語塊然独処
読み方かいぜんどくしょ
意味独りきりで動かず静かにしていること。
「塊」は土の塊のことで、「塊然」は動かずに独りきりでいる様子。
「独処」は独りきりで静かにしていること。
『荀子』にある天子の理想を述べた一節のことで、見ようとしなくても見え、聞こうとしなくても聞こえ、考えようとしなくても理解でき、動こうとしなくても功績が上がるために、独りで座っているだけで世の人々が自然につき従うので、一つの身体のようであるということ。
「塊然として独り処す」とも読む。
出典『荀子』「君道」

使用されている漢字

「塊」を含む四字熟語

「然」を含む四字熟語

「然」を含む四字熟語を全て見る

「独」を含む四字熟語

「独」を含む四字熟語を全て見る

「処」を含む四字熟語

「処」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る