攀轅臥轍について

攀轅臥轍
はんえん-がてつ
読み方はんえんがてつ
意味立派な人が官職を辞めないことを望んで引き留めること。
「攀轅」は車のまえに突き出た二本の棒、ながえにすがりつくこと。
「臥轍」は車の進路に伏して通れないようにすること。
中国の後漢の時代、秦彭や侯覇が転任したりするときに、住民が引きとめたという故事から。
「轅に攀じて轍に臥す」とも読む。
出典『白孔六帖』「刺史」
類義語 侯覇臥轍(こうはがてつ)
秦彭攀轅(しんほうはんえん)
攀轅扣馬(はんえんこうば)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る