三釜之養について

三釜之養
さんぷの-よう
読み方さんぷのよう
意味少ない給料の中でも両親を養い、親孝行すること。
「釜」は中国の春秋時代の容量の単位で、約十二リットルで、「三釜」で約三十七リットル。
三釜という少ない給料で両親を養うという意味から。
中国の春秋時代、孔子の弟子の曾子は、三釜の少ない給料でも両親を養えるのは幸せだったが、給料が高くなるころには両親は亡くなっていたという故事から。
出典『荘子』「寓言」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る