画蛇添足について

画蛇添足
がだ-てんそく
読み方がだてんそく(がじゃてんそく)
意味余計なものをつけたすこと。
蛇に足を付け足した絵を描くという意味から。
中国の楚の国のとある家の使用人たちが、蛇の絵を最初に描いた人が酒を飲めるという賭けをした。
一番最初に書き終えた人は余裕があったために調子に乗り、蛇に足を付け足した絵を描くと蛇ではないと言われて酒を奪われたという故事から。
一般的に「蛇足」という形で使われることが多い言葉。
「蛇を画きて足を添う」とも読む。
出典『戦国策』「斉策」
類義語 為蛇画足(いだがそく)
為蛇添足(いだてんそく)
妄画蛇足(もうがだそく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る