懸頭刺股について

懸頭刺股
けんとう-しこ
読み方けんとうしこ
意味苦労しながらも勉学に励むこと。
「懸頭」は縄を首にかけること。
「刺股」は穴をあけるための錐でももを刺すこと。
中国の漢の時代の楚の孫敬は、勉強をしているときに眠らないように、天井から下げた縄を首にかけて眠るとしまるようにして勉強し続けたという故事と、中国の戦国時代の蘇秦が眠くなるとももを錐で刺して、眠気を覚ましながら勉強したという二つの故事から。
「頭を懸け股を刺す」とも読む。
出典『戦国策』「秦策」,『蒙求』「孫敬閉戸」
類義語 円木警枕(えんぼくけいちん)
蛍雪之功(けいせつのこう)
懸頭錐股(けんとうすいこ)
懸梁刺股(けんりょうしこ)
懸梁錐股(けんりょうすいこ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る