乙夜之覧について

四字熟語乙夜之覧
読み方いつやのらん(おつやのらん)
意味天子が読書すること。
書物を読むことの大切さをいう言葉。
「乙夜」は午後十時くらいの時間。
「覧」は読書のこと。
天子はとても忙しいため、夜遅くになってやっと読書する時間ができるという意味から。
「乙覧」と略して使うこともある言葉。
出典『杜陽雑編』
別表記 乙夜之覧(おつやのらん)

「乙」を含む四字熟語

「夜」を含む四字熟語

「夜」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「覧」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る