束髪封帛について

束髪封帛
そくはつ-ふうはく
読み方そくはつふうはく
意味妻が固く貞操を守り続けること。
「束髪」は髪の毛を束ねること。
「封帛」は白い絹で包んで封印すること。
中国の唐の時代の賈直言は、他人の罪の連帯で処罰されて左遷されることになり、若い妻に再婚するようにいうと、白い絹で髪を束ねて封印して賈直言に署名させ、これを守り続けると誓った。
二十年後に賈直言が戻ると封印されたままだったという故事から。
出典『新唐書』「列女・賈直言妻薫氏伝」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る