束帛加璧について

束帛加璧
そくはく-かへき
読み方そくはくかへき
意味最もよいとされる礼物のこと。
「束帛」は十反の絹の布。
「璧」は宝石のこと。
十反の絹の布の上に宝石をのせたもののことで、古代中国では最高級の礼物とされていたということから。
出典『儀礼』「聘例」
類義語 束錦加璧(そくきんかへき)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る