竜蟠虎踞について

竜蟠虎踞
りょうばん-こきょ
読み方りょうばんこきょ(りゅうばんこきょ)
意味地形が険しく、攻めにくい地域のこと。
または、すぐれた能力のある者が、とある地域を手に入れて、そこで権勢を振るうこと。
または、文章に勢いがあること。
「竜蟠」は竜がとぐろをまいてじっとしていること。
「虎踞」は虎がうずくまってじっとしていること。
「竜盤虎踞」とも書く。
出典『太平御覧』一五六引「五録」
類義語 虎踞竜蟠(こきょりょうばん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る