酒甕飯嚢について

酒甕飯嚢
しゅおう-はんのう
読み方しゅおうはんのう
意味能力も知識もない人のこと。
「甕」は物をいれる容器のかめ、「嚢」は袋。
酒を入れる甕(かめ)と飯を入れる袋のことから、酒を飲んで飯を食うだけの何の役にも立たない人のこと。
出典『晋書』「左思伝」
類義語 酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)
無芸大食(むげいたいしょく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る