火牛之計について

四字熟語火牛之計
読み方かぎゅうのけい(かぎゅうのはかりごと)
意味牛を使った戦法のこと。
中国の戦国時代の斉の田単や、日本では木曾義仲が用いたとされる戦法で、牛の角に刀剣をくくりつけ、それらの牛の尾に火付けて、敵陣に突撃させる戦法のこと。
出典『史記』「田単伝」
別表記 火牛之計(かぎゅうのはかりごと)

使用されている漢字

「火」を含む四字熟語

「火」を含む四字熟語を全て見る

「牛」を含む四字熟語

「牛」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「計」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る