関雎之化とは

四字熟語関雎之化
読み方かんしょのか
意味夫婦の仲がよく、家庭が穏やかなこと。
「関雎」は『詩経』の中にある篇の名前。
周の文王と后妃の睦まじい夫婦の徳を詠じたもので、その徳に影響を受けて、どの家庭も穏やかになるという意味から。
出典『詩経』「周南」
漢検級 1級
場面用途 夫婦の仲が円満 / 家族 / 夫婦
類義語 鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
琴瑟相和(きんしつそうわ)
琴瑟調和(きんしつちょうわ)
比翼連理(ひよくれんり)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「関」を含む四字熟語

「雎」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「化」を含む四字熟語

「化」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る