狐死首丘について

狐死首丘
こし-しゅきゅう
読み方こししゅきゅう
意味生まれ育った地を忘れないことのたとえ。
または、物事の根本を忘れないことのたとえ。
狐は、死ぬときに生まれ育った丘に頭を向けて死ぬということから。
「狐死して丘に首す」とも読む。
出典『礼記』「檀弓・上」
類義語 越鳥南枝(えっちょうなんし)
胡馬北風(こばほくふう)
池魚故淵(ちぎょこえん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る