滄海一粟について

滄海一粟
そうかいの-いちぞく
読み方そうかいのいちぞく
意味非常に大きな物の中にある、極めて小さいもののたとえ。
「滄海」は大海、「一粟」は一粒の粟のことで、大海と一粒の粟を比べて、比較にならないほど小さいもののたとえ。
特に宇宙と比べ人間は小さくて儚いものだということのたとえ。
出典蘇軾「前赤壁賦」
類義語 九牛一毛(きゅうぎゅうのいちもう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る